練習の始めに肘を内から外に回す感覚で、相手のパンチをフックでカットしていく。

その感覚が、カウンターに繋がります。

次回からのマスボクシングやスティックミットの防御練習などでどんどん狙っていきましょう。

もちろんパンチを外す反射神経の練習にもなります。


練習前に大雑把にやること決めて、メンバー構成や、試してみてダメだったら練習内容をどんどん変えていきます。


ストレッチ

基礎、ステップ、ディフェンス、マスボクシング、ミットの流れは大体同じです。





逆ステップ

通常のステップは前足から動かして後ろ足を引きつけます。

このステップは後ろ足を引きつけてから、前足を出します。


引きつけた瞬間に蹴るとさらに加速します。

これを連続によることにより通常ステップよりも速く間合いを積めることが可能です。


クイックステップ(後ろ足を後方に出しながら蹴って、前足を進める)の応用です。





日常生活からボクシングを意識すると成長早いです。

立っている時もボクシングのスタンス(肩幅、45度の角度が基本)。

歯ブラシも両方の手でやるなど。