寸止めで攻撃を受けたらお互いにバックステップしてリセット。

なぜ攻撃を受けたらかを考えて、どうすれば避ける事ができるかを考える。


これが基本のやり方です。

ボクシングは感でやるのではなく、計算です。

避けるのも、当てるのも。

避けてすぐ攻撃に連動して繋げて、避けて、位置移動。

移動したらジャブで牽制。


カウンターの練習、攻撃を全て避けることの練習。

スパーリングではできない、新たな攻撃パターンの練習。


ただやみむもに攻めるのではなく。考える。

それができないのであれば、常に相手の攻撃距離の外側にいること。

バックステップ、両手で壁を作るなどで。


相手が出てきたら、ひたすらカウンターを狙う。


課題、やりたい攻撃パターン、カウンターなど、まずは今日のテーマを一つ決め、それだけをやる。

まずはそこから始めましょう。


効かない攻撃でも貰っていれば、ポイントで負けてしまいます。

10-9 の判定が12ラウンドまで続くような戦略性が高いゲームにボクシングは変わっています。

全ての攻撃を避けるが基本です。