ボックス!ログ

http://melon.mu-sashi.com/index.html

2020年09月

最終的には動きながらパンチを撃つ!

ただ最初は止まって撃つ!

足の位置を決めて、しっかり拳を返して撃つ。

同じ場所を確実に打てるように。

そして強く打てるように。

例えば70kgの人はその階級で通用するパンチが撃てるまでは止まってサンドバックを撃ち、筋トレ、フォーム固めをする方がいいです。


正確に打てるようになってから、動きながら撃つに変えていきます。

右ストレートも基本通りのフォームから、右腕で頭を隠しながら撃つ、撃ちながらウィービング。など左フックのカウンターを最大限に意識して変えていきます。

それを受けるミットの側も動きながら受けるように変えていきます。

https://www.youtube.com/watch?v=ux9powmMbNk


基本通りのフォームだとプロテスト受かるためにはその方がいいですが、

カウンターの的になりやすいです。

あえて狙わせて、カウンターのカウンターを取るのは有効です。

基礎と脱力のバランス。

基礎だけだとスピードがつかない。

センスがある人は別です。

私の場合は基礎だけだったのでずーっと遅いままでした。

(どうしても基礎の形から入ると力みによってパンチが遅くなってしまう。)

プロ引退して、人に教えるようになって体の使い方を研究して1万時間後にようやくスピードがついてきました。


かといって脱力の練習だけだと、正確に当てることできないので怪我をします。

人によっても違いますが、50%50%くらいの割合で教えていってみます。



体の使い方(脱力)を解説するのは200〜400人(私の場合)くらいに教えて大まかな体の使い方のパターンを解析する必要があります。


左フックだけでも 縦拳、横拳、後ろ足重心、前足重心、真ん中重心、下から突き上げる、水平に撃つ、上から落とすなど組み合わせると何通りもあります。


一番力が入るパターンを最初に完璧に撃てるまで練習するのがいいです。
その後別パターンの練習を始めます。


ラダー新パターン↓

https://www.instagram.com/p/B1qte_DI0B4/?igshid=1pxiodh04u5x2

ステップワークと懐の深さ(間合いの長さ)は比例する。

ここ1〜2年 私はひたすらステップワークを強化してきました。

(ステップルーティーン + 送り足ステップ + クイックステップなど)


すると生まれて初めて、懐が深い(距離が遠い)と言われました。

言われなきゃ気づかなかったのですが、

一年前までは、間合いが遠くてジャブが当たらなかったのは私でした。

ありがたい指摘でした。


言われてみればですが、最近はリーチで負けててもパンチが届かないことが減っているような気がします。

ステップを強化するとリーチ差が関係なくなるのかもしれません。


ステップで角度、スピード、フェイントを入れつつ動くと間合いを詰めることをしやすい。

左だけでマスボクシングをする。

どうしてもバランスが取れない人、避けるのが苦手な人は左だけで闘ってみましょう。

前の手だけならバランス崩しにくいので。

そして攻撃も避けやすいです。


世界戦までまともに練習しない天才 徳山さん。

https://www.youtube.com/watch?v=p72J8Ta9Y6M

キレ=腰の戻し(回転)

運動でキレがあると言われているのは腰の回転です。

例えば、正面から見て45度に立つ基本の構えから、右ストレートを撃つ(腰が正面になる)

それを素早く45度に戻す事ができると「動きにキレがある」と言われます。

要はパンチを撃ちっぱなしで戻さない、戻すのが遅いとキレないと言われます。


これを修正するには腰の回転と連動してパンチを出す練習をするといいです。

次回はこれをやります。


前は力で撃っていて、その癖を無くして力を使わないパンチの撃ち方をしているために打ちっぱなしになりスピードも無くなっています。

それを腰を使って素早く打ち、素早く引く練習をしましょう。

基礎を疎かにしているのではなく、体の使い方を根本から変えたので仕方ないです。


腰で打つ練習をやると治るので問題ないと思われます。


基本はバックステップ

攻撃を避ける基本はバックステップです。

まず相手の攻撃に反応する癖をつける事です。


それができるようになったら、下がりつつジャブを相手が来る場所に予め置いておく。

それがカウンターの基本です。


シャドーボクシングでも、マスボクシングでもまずはバックステップすることを意識しましょう。

出来るようになる=攻撃に反応できる=カウンター打てるにつながります。


シャドーボクシングはまずは1vs1の対面シャドーボクシングから。

相手の攻撃に反応(バックステップや、ガードなど)そして反撃。


その後相手を外して、一人でも相手をイメージして動くようにしましょう。





リカルド・ロペス↓

https://www.youtube.com/watch?v=_AZIstojIUA



↑を完全コピーして動けるようにしましょう。

ボクシングの教科書的な動きをしています。


カットフック

練習の始めに肘を内から外に回す感覚で、相手のパンチをフックでカットしていく。

その感覚が、カウンターに繋がります。

次回からのマスボクシングやスティックミットの防御練習などでどんどん狙っていきましょう。

もちろんパンチを外す反射神経の練習にもなります。


練習前に大雑把にやること決めて、メンバー構成や、試してみてダメだったら練習内容をどんどん変えていきます。


ストレッチ

基礎、ステップ、ディフェンス、マスボクシング、ミットの流れは大体同じです。





逆ステップ

通常のステップは前足から動かして後ろ足を引きつけます。

このステップは後ろ足を引きつけてから、前足を出します。


引きつけた瞬間に蹴るとさらに加速します。

これを連続によることにより通常ステップよりも速く間合いを積めることが可能です。


クイックステップ(後ろ足を後方に出しながら蹴って、前足を進める)の応用です。





日常生活からボクシングを意識すると成長早いです。

立っている時もボクシングのスタンス(肩幅、45度の角度が基本)。

歯ブラシも両方の手でやるなど。

体の使い方

解説してます。

60分しかなくて運動目的の方が多かったり、多人数の場合など解説しきれない場合はあります。

少人数に近い場合は解説しやすいです。


そのため、初めから徹底して極めたい方にはパーソナルをお勧めしています。

その方が個人がやりたい事を正確に掴めるため、上達は早いです。

その日きた人数、習熟度により内容は変えて行っています。

基礎ができてない方が応用(体の使い方)などをやると怪我に繋がるケースがあるため、まずは基礎から。

拳の握り方、脇を閉める、人差し指と中指の拳頭と呼ばれる箇所を正確に当てる。

腕を真っ直ぐに。

理解力や筋力、運動能力など総合的に判断して伝えています。



練習の流れ

①ストレッチ

②体幹トレーニング

③基礎

④ステップワーク

⑤スティックミットを使ってのパンチの交わし方。

⑥スティックミットを利用したマスボクシング。

⑦グローブつけて、ジャブだけのマスボクシング(交互にタッチ)

⑧マスボクシング

⑨ミット

⑩ストレッチ


内容は来たメンバーによって変えていきます。




リカルド・ロペス↓

https://www.youtube.com/watch?v=_AZIstojIUA

ボクシングの教科書と言われるほど、基本に忠実。

51戦50勝 1分 KO率70%以上

アマチュアも40戦無敗。

敗北を知らないまま引退しました。

フェニート(素晴らしい)の二つ名。

ギャラリー
  • ボクシンググローブとシューズ
  • ボクシンググローブとシューズ
  • ノーヘッドギアマスボクシングの注意点
  • 左フックで合わせるのが基本
  • マスボクシング
  • マスボクシングは実験である
  • ストレッチ
  • ストレッチ
  • ストレッチ