ボックス!ログ

http://melon.mu-sashi.com/index.html

http://melon.mu-sashi.com/index.html 最新情報⬆️

ステップワークと懐の深さ(間合いの長さ)は比例する。

ここ1〜2年 私はひたすらステップワークを強化してきました。

(ステップルーティーン + 送り足ステップ + クイックステップなど)


すると生まれて初めて、懐が深い(距離が遠い)と言われました。

言われなきゃ気づかなかったのですが、

一年前までは、間合いが遠くてジャブが当たらなかったのは私でした。

ありがたい指摘でした。


言われてみればですが、最近はリーチで負けててもパンチが届かないことが減っているような気がします。

ステップを強化するとリーチ差が関係なくなるのかもしれません。


ステップで角度、スピード、フェイントを入れつつ動くと間合いを詰めることをしやすい。

左だけでマスボクシングをする。

どうしてもバランスが取れない人、避けるのが苦手な人は左だけで闘ってみましょう。

前の手だけならバランス崩しにくいので。

そして攻撃も避けやすいです。


世界戦までまともに練習しない天才 徳山さん。

https://www.youtube.com/watch?v=p72J8Ta9Y6M

キレ=腰の戻し(回転)

運動でキレがあると言われているのは腰の回転です。

例えば、正面から見て45度に立つ基本の構えから、右ストレートを撃つ(腰が正面になる)

それを素早く45度に戻す事ができると「動きにキレがある」と言われます。

要はパンチを撃ちっぱなしで戻さない、戻すのが遅いとキレないと言われます。


これを修正するには腰の回転と連動してパンチを出す練習をするといいです。

次回はこれをやります。


前は力で撃っていて、その癖を無くして力を使わないパンチの撃ち方をしているために打ちっぱなしになりスピードも無くなっています。

それを腰を使って素早く打ち、素早く引く練習をしましょう。

基礎を疎かにしているのではなく、体の使い方を根本から変えたので仕方ないです。


腰で打つ練習をやると治るので問題ないと思われます。


ギャラリー
  • ボックス!フィットとは?
  • ノーヘッドギアマスボクシングの注意点
  • 左フックで合わせるのが基本
  • マスボクシング
  • マスボクシングは実験である
  • ストレッチ
  • ストレッチ
  • ストレッチ
  • パーソナルトレーニングについて